講演会:現場で活用できる無人航空機 -最前線と電波利用-

熊本大学工学部120周年記念事業

熊本では、震災を機に無人機などの活用がより一層注目を集めた年となりました。実用化に向けた技術が進むと同時に、利用可能な周波数の拡大等が行われるなど、社会制度の整備も行われています。

そこで、熊本無人機研究会・熊本大学と総務省九州総合通信局では、被災地や南極など制限の多い現場などでの活用に向けた無人航空機への最近の取り組みや電波利用に関する制度や携帯電話の上空での利用について等の講演会を企画しました。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

特別講演

「ロボット/ドローンにおける電波利用の高度化に関する電波政策と今後の取り組み」

和田孝行先生(総務省総合通信基盤局 電波部 移動通信課 第一技術係長)

「災害時等での小型無人機活用に向けた電波利用技術の動向と取組み」

三浦龍先生(国立研究開発法人情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センター 上席研究員)

一般講演

「南極でのカイトプレーン飛行」 岡部和夫先生(株式会社スカイリモート 代表取締役)

「ドローンを用いた露天掘り鉱山監視システムの開発」 尾原祐三先生(熊本大学大学院先端科学研究部 教授)

「音源探査のためのマルチロータヘリコプタシステムの開発」 公文誠先生(熊本大学大学院先端科学研究部 准教授)

 

日時:平成28年12月19日(月)13:30~17:10 (13:00開場)

場所:熊本大学 黒髪北地区 くすの木会館レセプションルーム  (熊本市中央区黒髪2-40-1) 

http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/kurokamikitaku 熊本大学黒髪北地区キャンパスマップ 15番の建物

対象:一般の方どなたでも (定員 150名)

参加費:無料

申し込み方法:参加申込ページ https://drone.kumamoto.jp/sympo2016_reg からお申込み下さい(定員制限有/締切12月16日)。締めきりました(12/17)

問い合わせ先: 熊本無人機研究会 info@drone.kumamoto.jp

 

主催: 熊本無人機研究会

共催: 総務省九州総合通信局,熊本大学熊本復興支援プロジェクト,熊本大学工学部

後援: 経済産業省九州経済産業局,熊本県,九州航空宇宙推進協議会,九州テレコム振興センター,電子情報通信学会九州支部,全国陸上無線協会九州支部 (順不同・予定を含む)

 

講演会ポスターはこちらから:ポスター(PDF 5MB強)

 

情報は随時、このページで提供いたします。


更新履歴:

  • 2016/12/17 申し込みを締めきりました。また、講演会の開場時間を追記しました。
  • 2016/11/19 ポスターへのリンクを追加
  • 2016/11/15 演題を追加
  • 2016/11/9 初期バージョン